脳動脈瘤コイル塞栓術後の治療効果予測


脳動脈瘤の血管内治療は侵襲が少ない確立された治療ですが,一定の確率で再発するのが問題です. この再発予測を多孔質媒体モデルを設定した数値流体力学で予測できる...という研究を発表しました.どんなに高い塞栓率が得られても,再発や出血に至る脳動脈瘤は確かに存在しますが,この方法でスクリーニングできると信じています.

https://journals.plos.org/plosone/article/file?id=10.1371/journal.pone.0190222&type=printable


Recent Posts
Archive