脳動脈瘤壁の動脈硬化


脳血管障害では,動脈硬化は最も重要な病態のひとつです. 脳動脈瘤の血流をシミュレーションすると,動脈瘤壁の動脈硬化は血流のうっ滞を評価する血行力学的パラメータで予測できるという論文を発表しました.脳動脈瘤の外科的治療では,ときにこの動脈硬化が治療を(格段に)難しくすることがあり,術前に動脈硬化を含めた壁の厚さや硬さが評価できれば有用です. この研究では,血流うっ滞をみる代表的なパラメータ(せん断応力のゆらぎを評価するOSI)が脳動脈瘤の動脈硬化と最も相関しており,基本的には低いせん断応力のある部分と一致していました.一方,動脈硬化壁は白黄色で固く,動脈硬化のある部分では破裂しないはずですが,破裂脳動脈瘤は未破裂脳動脈瘤よりもOSIが高い(=動脈硬化が多い)とする研究もあります.一見矛盾する内容ですが,破裂は動脈瘤壁の破壊性リモデリング (赤くて薄い壁)がある部位で起こるが,肥厚性リモデリング(白黄色で厚い壁)のアンバランスが大きい動脈瘤が破裂リスクが高いと考えれば説明はできそうです. このような術中所見とCFD解析の検討は,顕微鏡下に観察される薄い動脈瘤壁や動脈硬化を伴う血管の硬さを,指先で感じている脳神経外科医だからこそできる大切な仕事だと信じています.

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0191287


Recent Posts
Archive

© 2014 by TFS@mcmcns.  

Follow US

  • Facebook Basic Square

三重中央医療センター脳神経外科

〒514-1101 三重県津市久居明神町2158-5

TEL : 059-259-1211

FAX : 059-256-2651

E-mail : mcmcns@gmail.com