脳動脈瘤のかたち

UCAS JAPANでは脳動脈瘤の形状が不整だと破裂リスクは1.6倍になると示されていますが,形状が不整であることの定義は難しい.不整な形状の脳動脈瘤では,動脈瘤の中の渦も大きく血流パターンも複雑なはず.そこで数値流体力学 CFDで速度ベクトルのゆらぎから渦を定量する方法を考案し,破裂状態で比較し,谷岡悟先生がJNISに報告しました.

研究における発想は,極めてシンプルでありたいと考えています.

https://jnis.bmj.com/content/early/2019/01/22/neurintsurg-2018-014489


Recent Posts
Archive