未破裂脳動脈瘤 Unruptured Cerebral Aneurysm

Clipping

脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血を予防するための手術です.

クモ膜や血管を剥離においては,正常構造を可能な限り温存し,クリッピングにおいては動脈瘤周囲を全周性に観察する安全な手術を心がけています.さらに術中蛍光ビデオ血管撮影(ICG videoangiography)を導入し,運動誘発電位モニタリング(MEP monitoring)やドプラー超音波(Doppler US)を行い,動脈瘤の完全閉塞および分岐血管の開存を確認しています.

当院における未破裂脳動脈瘤クリッピング症例の平均動脈瘤サイズは7.8mmで,術後死亡率 0%,重大な合併症 3.2% (n=126)です.

Please reload